So-net無料ブログ作成
検索選択

OruxMapsで地理院の標準地図と色別標高図を重ねる [Map]


国土地理院のサイトでは、下記のように表示させる事ができる。以下はこれをOruxMapsで表示させる手順。
http://maps.gsi.go.jp/?ll=36.287128,137.647963&z=15&base=std&ls=relief%2C0.4&vs=c1j0l0u0

1. 標準地図と色別標高図を各々オンラインで表示できるよう設定する

標準地図は前記事を参照
色別標高図のURL記述(タイル仕様 ズームレベルは標準と異なる 備考も要チェック)

<url><![CDATA[http://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/relief/{$Z}/{$X}/{$Y}.png]]></url>
$Z,$X,$Yは私の誤記です。Z,X,Yは小文字でないと動きません。申し訳ありません。(4/11)

作成後オンラインで個別に表示できる事を確認しておく


2. コンポジットマップの作成

2-1   2-2
orux_01m.png   orux_03m.png
右上のコンポジットマップ作成ボタンをタップ   メニューから標準地図を選択 1.0で不透明
Addをタップで追加される

2-3   2-4
orux_04m.png   orux_05m.png
メニューから色別標高図を選択 好みの半透明値をセットし追加   標準の上に色別が重なる 名前を付けてOKをタップ

2-5   2-6
orux_06m.png   orux_7.png
MULTIMAPSフォルダの中に作成された   国土地理院 標準地図 色別標高図
「海域部は海上保安庁海洋情報部の資料を使用して作成」


3. 注意

標準地図、色別標高図とも個別に表示させる場合は、出所の明示や文言を地図上に載せる事ができるのだが、コンポジットマップにした時は表示が消えてしまう。コンポジットマップ用の設定ファイル(.xml)も見当たらないので、表示手段は無いと思われる。どなたか御存知であれば教えてください。

国土地理院コンテンツ利用規約


コメント(5) 

OruxMapsで国土地理院の地図をオンラインで使う [Map]


地図ロイドやLocusMapでは国土地理院の地図をオンラインで使用できる。OruxMapsではネット上でその情報が見当たらず、地理院地図を使うには他のソフトを使用して地図を作成し、オフライン表示というちょっと面倒な方法(ソフト作成と手順を公開してくれた方に感謝しています)が必要であったが、新しくなったOruxMapsのマニュアルにあるonlinemapsources.xmlの解説と地理院のタイル仕様(標準地図)を参照してオンラインで表示させる事ができた。
これによりオフライン地図作成もOruxMapsのみで可能となった。


肝はURLの記述
<url><![CDATA[http://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{$Z}/{$X}/{$Y}.png]]></url>
$Z,$X,$Yは私の誤記です。Z,X,Yは小文字でないと動きません。申し訳ありません。(4/11)


これ以外の箇所の記述はマニュアルやOruxMapsのフォルダ内にあるonlinemapsources.xmlの他のマップの記述を参考にしてください。

使用するにあたって、この辺りは読んでおいた方が良いでしょう。
国土地理院コンテンツ利用規約
ウオッちずの地図サーバーは貧弱(この記事当時から色々変っているようなので現状は不明)


出所の明示方法(3/7 追記)
onlinemapsources.xmlに記述する事で地図上に出所を明示することが可能。

<website><![CDATA[<font color="black">国土地理院標準地図</font>]]></website>

orux_8.png
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。