So-net無料ブログ作成

Ankiで単語帳を作る2 [Anki]

 
Ankiで単語帳を作る1

●Ankiにインポートするテキストファイルを用意する

 英語、日本語をセミコロンまたはタブで区切る
 文字コード UTF-8 、ファイルの拡張子 .TXTで保存する

text.gif
ファイル名はお好みで


●Ankiにインポートする

 Fileメニューの Import を選択、またはImportボタンをクリック
 読み込むファイルを聞いてくるので前述のファイルを指定

import.gif
期限切れがたまって勉強していないのがバレバレだ


 Importウィンドウが開く
 スパナボタンの右、Cards をクリックし、Forward,Reverse 両方にチェックを入れる
 スパナボタンをクリック

for_rev.gif
開いた時には Forward のみチェックされている


 Deck Properties が開く
 Edit ボタンをクリック

dec_pro.gif
Models & Prioities タブの Edit


 下図に変わったら Card Templates タブを選択

mod_pro.gif



cardtemp_f.gif
Card Templates タブを選択した時の初期状態


 Card 2(Reverse):used 0 timesを選択

cardtemp_r.gif


 OptionsのプルダウンメニューをCompare with field 'Front'に変更

cardtemp_r2.gif


上図の状態から Close ボタンをクリックして Model Properties から出て Deck Properties に戻る
Deck Properties の Close ボタンをクリックして Import に戻る
Field Mapping 内の Import ボタンをクリック


import_comp.gif
インポートの結果が表示される


Import を Close する
新規 Deck が作成されるが、まだ名無しで未保存状態なので File メニュー > Save で保存する

   
newdeck.gif
Untitle* 未保存状態の Deck
239単語の表と裏、計478枚のカードを含む


未保存のまま Deck を閉じようとすると下図のアラートが出る
状況に応じて選択

save.gif


この Anki のバージョンは 1.0.1 この記事作成時点での最新バージョンは1.2.5
テキストファイルからインポートせずに1つずつ手入力も可能
Cram モード(詰め込みモード)、タグ、インアクティブタグの使い方を覚えると色々と便利
Deck 共有機能は使用していない


英語学習サイト smart.fm の復習用に使っていた Anki だが smart.fm の終了(iKnow として新規有料化)に伴い
こちらをメインに使おうと思っている。(smart.fmにskyhookさんというIDの方がおられるが、私ではありません)

と思っていたけどsmart.fmからのユーザーに対しては、安い料金を提示して来たので継続しました。(4/1)
anki 使い方
タグ:Anki
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。